創業40年「おいしい」ただそれだけが聞きたい。その一瞬に私たちは応えたい。 | お問い合わせ | TEL:0954-62-3535

会社概要

Company Overview

「おいしい!」ただこれだけが聞きたい。その一瞬に私たちは応えたい。

昭和20年佐賀県藤津郡太良町において、片山精肉店として現社長の父、片山柘次によって食肉豚の卸売業を開業する。その後、長男、片山謙次に継承し、昭和48年5月に資本金300万円にて片山畜産食肉株式会社を設立する。平成5年5月、代表取締役専務片山柘利が代表取締役社長に就任

FSSC 22000 認証工場 株式会社エヌケーフーズ

 

会社情報
会社名 株式会社エヌケーフーズ
代表取締役 片山 柘利
専務取締役 倉﨑 浩一
常務取締役 片山 史
創業 昭和48年5月
従業員数 78名
事業内容 食肉加工卸
取扱商品 ・冷凍加工食肉
・包装食肉
・国内チルドビーフ
・国内豚肉カット肉
・国内鶏肉
・輸入牛肉
・輸入豚肉
・輸入鶏肉
・牛脂注入肉
・冷凍食品
本社 〒849-1322
佐賀県鹿島市浜町1057-1
電話番号 0954-62-3535
FAX番号 0954-62-3880
福岡営業所 〒812-0016
福岡県博多区博多駅南4丁目9番1号 ファーストいずみビル203号
サンプル・お見積
依頼専用FAX番号
050-3730-9151
主要取引銀行 親和銀行 鹿島支店
佐賀銀行 鹿島支店
取得認証 FSSC 22000 認証

 

メッセージ
代表取締役 片山柘利

代表取締役 片山柘利

1973年の設立当初、私どもの主な事業は、精肉カット製品などの関連商品卸売業でした。しかし、常に時代の先を見据える姿勢が、自らを新しい分野の開拓、挑戦へと導いたのです。精肉加工技術についての独自の研究に積極的に取り組む私どもは、1993年にはスライス肉について、また1995年にはミンチ肉についての加工技法において特許を取得いたしました。

昨今、食の安心・安全が消費者に重視されていることに鑑み、国際認証(SQF2000:食品の安全性と品質の規格)取得への取り組みも始めています。食肉を衛生的に取り扱う体制を根付かせ、社員の作業レベルの平準化を図り、安定した高品質な食肉をお届けできるよう努めております。より高度な衛生管理を徹底させた新工場の稼働、弁当の食材などへの新規市場開拓を進めるとともに、成型加工食肉の普及と技術の向上に邁進いたします。

 

沿革
昭和48年5月 資本金300万円にて株式会社設立、代表取締役片山謙次。
昭和56年2月 豚カット工場の増床と懸垂冷蔵庫、及び保管冷蔵庫、並びに急速冷蔵庫を含む450平方メートルを増設。
昭和56年4月 社団法人「日本食肉格付協会」の、牛・豚認定工場となる。
昭和57年6月 資本金を2400万円に増資する。
昭和63年11月 県内に初めて、SPF豚(清浄豚)の導入販売を開始。
平成2年6月 カット肉工場を閉鎖、全面改築により本格加工肉製造を開始。
平成5年12月 冷凍肉加工分野において、特許証を取得。(特許第1812329号)。
平成6年6月 製品加工室をクリーンルームに改築、品質・衛生面を更に充実。
平成7年11月 冷凍肉加工分野において2件目の特許証を取得。(特許第1995317号)。
平成10年3月 コンピューター計量器(アンリツ製)を設置。
平成10年12月 冷凍保管庫全室に、移動棚(オンレーン式)を設置。
平成12年2月 東京ビックサイトでの「食肉産業展」に出展、当社の加工肉が関係業者に多大な反響を呼ぶ。
平成12年5月 付加価値を高め収益改善を図るため本格的な加工肉製造業へ転換。
平成13年5月 日本で初めて肉感が残る「レトルトカレー・サイコロ」の製造に成功。
平成13年6月 東京ビックサイトでの全国の弁当・産業給食・外食関係者を対象とした「eフード2001」に出展、当社の加工製品が、再び関係業者に多大な反響を呼ぶ。
平成13年12月 当社の加工技術開発に伴い、「中小企業経営革新支援法に基づく経営革新計画の承認」を佐賀県知事より承認される。
平成14年1月 海洋深層水使用製品開発・販売開始。
平成14年2月 東京ビックサイトでの「食肉産業展」に出展。
平成15年9月 X線異物検出機、急速フリーザー、多層刃バンドソー導入。
平成17年8月 「ネオミーツ」を商標登録する(登録第4885997号)。
平成18年8月 テレビ東京「ガイヤの夜明け」全国放映、成型加工肉の紹介。
平成18年10月 毎日放送「ヴォイス」関西地区放映、成型加工肉の紹介。
平成18年12月 鹿島新築工場稼働(同時に太良工場を閉鎖)。
平成19年2月 TBS「イブニングファイブ」関東地区放映、成型加工肉の紹介。
平成19年3月 FOODEX JAPAN 2007国際食品・飲料展に出展。
平成19年5月 会社名を「株式会社 エヌケーフーズ」に変更。
平成20年4月 東京ビックサイトでの第34回「2008食肉産業展」に出展。
平成21年6月 佐賀県鹿島市に第二工場兼直売所「にっくにっく」を開業。
平成21年10月 FTEコンタクトフリーザーを設置。
平成22年3月 本社工場で「牛脂注入加工肉」の製造を開始。
平成22年4月 東京ビックサイトでの第35回「2010食肉産業展」に出展。
平成22年4月 本社工場を一部改築し「ラーメン冷凍スープ」の受託製造を開始。
平成23年10月 おからを添加したエコミーツの販路拡大および最新鋭製造設備の導入に係る「経営革新計画事業」が10月6日付で佐賀県知事(エネルギー・産業振興課)より承認される。
平成24年3月 経営革新計画事業に係る諸機械設備等の設置が検収完了し、前処理ラインと包装ラインにドイツ製の真空深絞り包装機を導入。
平成24年7月 エコミーツ販路開拓事業に係る平成24年度さが中小企業応援基金助成事業が公益財団法人佐賀県地域産業支援センターより採択される。
平成24年9月 エコミーツ販路開拓事業に係る平生24年度佐賀県中小企業経営革新支援補助事業が佐賀県新産業・基礎科学課より採択される。
平成24年9月 東京ビッグサイトでの「2012給食・介護食品フェア」に出展。
平成25年2月 東京ビッグサイトでの「メディケアフーズ展2013」に出展。
平成25年9月 エコミーツが企業のUD推奨品として、佐賀新聞で取り上げられ記事になる。(地域優良企業)
平成26年1月 テレビ東京「ガイヤの夜明け」全国放映、加工食肉工場の取り組みについて。
平成26年6月 高機能マルチスライサー導入。
平成26年7月 平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業の採択を受ける。
平成26年10月 高周波解凍装置「テンパトロン」2台導入。
平成31年4月 FSSC 22000 認証取得